トップページ販売ベビー料金システムSHOP INFOMATIONお問い合わせ
うさぎカフェ

お気軽にご相談ください
トップページ販売ベビー料金システムSHOP INFOMATIOお問い合わせホテルページ


お客様の声

大きな地図で見る
東京都台東区根岸3-5-4根岸ビル1階

うさぎ ペットホテル

image

草食動物にとって良いご飯と悪いご飯

うさぎ・デグー・モルモット・チンチラなどの草食動物にとって良いご飯について・・・

昨今、不景気の影響をうけフード会社は嗜好性を高めることだけに力を注いでいます。

ペレットの主原料で一番最初にアルファルファミールが記載されているフードは嗜好性が高く繊維質が少ない傾向が強いので繊維質の量を確認してから購入してください。

理想は21%以上です。

アルファルファを多く使用しているペレットは粗灰分(特にカルシウム)が多く、カルシウム摂取量が多い食生活が続くとやがて結石が出来、膀胱炎や膀胱結石を引き起こす可能性があります。

カルシウムの量は0.6%位が適しています。

そもそも、完全草食のうさぎ・チンチラ・モルモット・デグーは炭水化物をエネルギー源としています。

猫などの肉食動物はたんぱく質・脂肪をエネルギー源にしています。

草食動物は、牧草や葉、木の根を消化するのに適した微生物が腸内にいます。

この微生物を善玉菌と言います。

善玉菌の力を借りて発酵させる事で消化吸収し、エネルギーとして利用することができます。

また、うさぎは腸の中でも盲腸が大きく発達しています。

食糞用の便を盲腸便というのも盲腸が消化を行っているからです。

余談ですが、うさぎの盲腸は胃の10倍もあります。

右下腹部はほとんど盲腸といえます。

その為、盲腸が消化しやすいご飯を与えることが大切です。

前述でも記載しましたが食物繊維は最低21%以上です。

繊維質が21%以下のものは嗜好性が高くカルシウムが多いので成分表をしっかり確認してから与えてください。

なぜ、繊維質を多いペレットを選ぶ必要があるのかと言うと、うさぎ・チンチラ・モルモット・デグー・などのげっ歯目は歯が生涯伸び続けるからです。その為、普段の食事(牧草)の繊維質とさほど変わらないペレットを与えることで普段の食事(牧草)をしっかりと食べる子になり、牧草を咀嚼することで歯を削ることができ不正咬合などの予防になるからです。

不正咬合について軽く説明します。

多くの飼い主さんは切歯(門歯、前歯)だけに目が行き臼歯(奥歯)の状態はそこまで気にしません。

ですが一番重要なのが臼歯(奥歯)です。

なぜならばうさぎ・チンチラ・モルモット・デグーは牧草をかじったあと、アゴを左右に動かしながらたべます。

モグモグしているときは臼歯(奥歯)を使っています。

その為、臼歯(奥歯)が左右に動いている時間を長くれば長いほど奥歯が擦り合わされ伸び過ぎを予防してくれます。

この様な理由から、牧草をしっかり食べさせる必要があると言えます。

話しは少しそれましたが、とにかく大切な家族の健康を考えるならばできるだけ線維含量の多いものを選びましょう。

本当に糖質を多く含んだフードはすごく危険です。

糖質については、成分表に記載する必要がないため、記載していません。

そこで糖質が多いフードの見分け方をお伝えします。

食物繊維が豊富で毛玉の形成を抑える

パパイヤ

パイナップル

を含むなどの語句が入っている商品は間違いなく糖質が高いです。

ドライフルーツは百害あって一利もありません。

なぜならば、うさぎ・チンチラ・モルモット・デグーは草食動物だからです。

草食動物は進化の過程で果物や種子を取ってきませんでした。

草や木の根を食べて進化してきたため、果物や種子を腸内細菌(善玉菌)は正常に発酵、消化することができません。

また腸内細菌(善玉菌)のバランスが崩れ腸内で異常な発酵を引き起こし最悪の事態を引き起こす可能性が出て来ます。

また、うさぎ・チンチラ・デグー・モルモットの毛玉症予防にと記載されている商品を与えると100%の確率で肥満になり、嗜好性が高くなり牧草を食べない子にしてしまいます。

うちの子、牧草嫌いなの!

牧草食べないの!

というような意見を聞きますが、牧草を食べない草食動物はこの世に存在しません。

単純に誤った飼育をした結果、嗜好性の強いものしか食べない子にしてしまっただけです。

糖質の多い食事をしていると腸内細菌(善玉菌)が正常な発酵消化を行うことが出来なくなり、鼓腸・うっ滞などを患う可能性を高めます。

うさぎにとって良いペレットとは繊維質が21%以上のもので、カルシウムが0.6%程度のものが良いペレットだといえます。

チンチラ・デグー・モルモットは0.8%程度のものが良いです。

原材料の一番最初にアルファルファが記載している物を選ばないことで大切な家族を長く健康に育てることができます。

またいつもチモシーだけではかわいそう。

同じ食事内容だとかわいそう。

と思って、嗜好性の高いものを与えると結果として体調を崩すことにつながります。

人間が動物のために出来ることは1つだけです。

目の前にいる可愛くて大切な存在の健康を管理し状態の変化を見逃さないことだけです。
うさぎさん

東京都台東区根岸3-5-4
根岸ビル1階
電話番号 03-6240-6374
携帯電話 080-4383-7060
メールアドレス info@usagisan.info

動物取扱責任者 佐藤 重