トップページ販売ベビー料金システムSHOP INFOMATIONお問い合わせ
うさぎカフェ

お気軽にご相談ください
トップページ販売ベビー料金システムSHOP INFOMATIOお問い合わせホテルページ


お客様の声

大きな地図で見る
東京都台東区根岸3-5-4根岸ビル1階

ペットホテル ハムスター

image

ハムスターを大切に預かる為に・・・・・・

まずハムスターは大きく分けて

ゴールデンハムスター属

ヒメキヌゲネズミ属

キヌゲネズミ属

に分類されます 。

一般的に飼育されているハムスターは、ゴールデンハムスター属に分類されているゴールデンハムスターとヒメキヌゲネズミ属に分類されているジャンガリアンハムスター・ロボロフスキーハムスターが一般的です。

当ホテルでは、ゴールデンハムスター属のゴールデンハムスターとヒメキヌゲネズミ属のジャンガリアンハムスター・ロボロフスキーハムスターをお預かりする際、若干飼育方法を変えています。

ゴールデンハムスターは緯度の低い地域に生息しているが、夜行性です。

また暑さに弱いため、18度から21度を維持し、湿度も50%以上にならないようにします。

またゴールデンハムスターは暗い環境を好むため、薄暗い環境でお預かりします。

ですが、ハムスターは明暗サイクルにとても敏感のため、明暗サイクルにも気をつかいます。

明るい時間が長かったり、短すぎるとストレスを感じるため、当ホテルでは12時間真っ暗にし、12時間薄暗い証明にした状態でお預かりします。

反対にジャンガリアンハムスター・ロボロフスキーハムスターは緯度の高い地域に生息しているため、暑さに弱いですが寒さには強いという点はかなり寝ていますが、ジャンガリアンハムスター・ロボロフスキーハムスターはゴールデンハムスターと比べるとそこまで夜行性とは言えない為、証明を明るい時間12時間、消灯している時間を12時間にしています。

給餌については、基本的に飼い主からお預かりしたご飯を与えます。

ただし、甘い菓子類、粘着の強そうな食品を持参された場合は、すでに栄養バランスが崩れている可能性が高いことを伝えた上でお預かりします。

また、ジャンガリアンハムスター・ロボロフスキーハムスター・ゴールデンハムスターは齲歯(虫歯)になりやすいので、糖質の多いお菓子は危険です。

ちなみにハムスターは草食中心の雑食動物です。

なので、普段あげているご飯に少し牧草・野草などの植物性のものを追加すると胃には良いですが嗜好性が高くないため食いつきは悪いです。

次に当ホテルで使用している床材は、紙の床材です。

理由は針葉樹の床材を使うとアレルギー反応を示す子が多いからです。

だからと言って広葉樹だとアレルギー反応を示さないのかと言えば違います。

針葉樹と比べるとかなり少ないですが、アレルギー反応を示す子もいます。

この様な理由から、床材は紙を使用しています。

大切な家族を責任持ってお預かりします。

ハムスターのお世話なら当ホテルにお任せください。

うさぎさん

東京都台東区根岸3-5-4
根岸ビル1階
電話番号 03-6240-6374
携帯電話 080-4383-7060
メールアドレス info@usagisan.info

動物取扱責任者 佐藤 重